Home>ホットトピックス>瓦礫の定義と選別・リサイクル

瓦礫(ガレキ)の定義

産業廃棄物

住宅やビルなどの建設工事(新築・解体および除去)の際には、必ず瓦礫(ガレキ)が発生します。瓦礫とひと言で言っても、その意味合いは時と場合で違ってきますが、ここでは産業廃棄物としての瓦礫(がれき類)について詳しく記載します。産業廃棄物の瓦礫は、建物や道路、線路、電柱などのインフラとなる建築物の新築、改築、除去に伴って生じたコンクリート等の破片のことです。具体的には以下が産業廃棄物としての「瓦礫」に該当します。一方、採石業者や石材業者がその事業によって排出する石の破片や土砂などは、瓦礫には該当しません。

産業廃棄物としての瓦礫の種類

  • コンクリートの破片
  • アスファルトの破片
  • 不要になった砂利
  • レンガの破片※自治体による
  • 瓦の破片※自治体による

瓦礫の定義と選別・リサイクル

木くずやガラス片、陶磁器片は瓦礫?

取り壊された住宅やビルなどの残骸を指して「瓦礫」と呼ぶ場合は、あらゆるものが瓦礫に該当しますが、産業廃棄物としての瓦礫には、ガラス片、陶磁器片などの焼成されたものや木くずは含まれません。ガラス片や陶磁器片は、別途「ガラスくず・(何かしらの製品の製造工程で生ずる)コンクリートくずおよび陶磁器くず」(いわゆる「ガラ・陶」)という分類になります。一方、瓦やレンガも焼成されていますが、これらについては自治体やその担当者によってその判断にばらつきがあるのが実情です。

瓦礫の粉砕・選別・リサイクル

瓦礫は住宅やビルの解体によって必ず発生するうえ、含まれる物も「セメント」「石・砂利」「アスファルト」とシンプルなので、リサイクルしやすい素材であると言えます。
リサイクルの際には、粉砕や金属類との選別が必要になります。まず、ベルトコンベヤなどに乗せられた瓦礫は、瓦礫選別専用の重機などにより破砕されたのち、鉄筋などを抜き取る最初の選別が行われます。この選別をくぐり抜けた瓦礫は、さらに細かく破砕され、磁石によってより細かく金属類と選別されていきます。この磁石による選別の過程では、ふるいによる粒度の調整や粒度・密度による分類も行われます。この分類(分級)により、瓦礫は再生材(再生砕石・再生骨材)として製品化されます。